年収は審査でもかなり重要

年収は大きな参考材料になる

カードローンの審査では、年収を重要視する金融会社も多くなっていますね。その理由としては、金融業者から借りる事が出来るお金は年収の3分の1程度になっているからです。つまり、年収が300万円で、金融会社から借りているお金が既に100万円を超えている場合は返済するのが難しいと判断する事ができますね。カードローン会社もきちんと返済してくれないと困るので、このように、年収と今の借金を照らし合わせて返済してくれる状況なのかを判断している事が多いです。つまり、年収はかなり重要な参考材料となります。

また、カードローンでは限度額を設定する必要があります。その時にもカードローン会社は年収を見てどれぐらいなら返済出来るのかを考えながら限度額を設定します。

年収が低いと他の部分で問題ない場合でも審査に通らない事も

カードローンの審査は、年収や信用情報、雇用形態などさまざまな部分を見ていきます。しかし、年収はその中でも重要な項目となっており、年収が低い場合は、他の部分に問題がなくても審査に落ちてしまう事もあります。信用情報に問題がないのに審査に落ちてしまった場合は、年収が低いのが大きなマイナス要素になっている可能性が高いので、年収を上げてから審査を受けるようにします。

特に雇用形態がアルバイトだと年収が低いのは大きなマイナスです。年収を高くするためには、正社員として働くのが手っ取り早いです。ボーナスなどがあるとさらに年収が上がる事になるので、プラス要素ですね。特に借金が既にある人は、年収が高くないと審査に落ちる事が多くなります。