金利が高い業者を利用しない

金利が高いと利息の支払いに窮することになる

複数のカードローン会社から申し込むところを選ぶ際、意外と二の次になってしまうポイントが利率です。というのは、初めてカードローンに申し込む人だったり、既に他社から借り入れがある人は、審査に通るかという部分だけを重要視してしまい、利率が低くて審査が厳しい業者よりも利率が高くても審査に通りやすい業者を選ぶ傾向にあるからです。 ただ、利率が高い業者を使うのはやはり損になってしまいます。特に借金で別の借金を返済しようとしている多重債務者が、利率の高いカードローン会社を選んだ場合、いずれ利息の支払いが重荷になってしまい返済に行き詰まる可能性が高いでしょう。審査基準を下げて金利を高くし、多重債務者に融資するような業者はかなり厳しく督促してくる可能性が高く、その点でも厳しいです。

上限利率で比較すれば契約前に金利の高い業者を避けられる

では金利の高いカードローン会社を避けるためにはどうすればいいのでしょうか。どの客に対しても同じ融資利率でお金を貸すカードローン会社というのはまずなく、普通は客によって金利は変わってきます。そのため、金利が高いか低いかは契約してみないとわからない部分がありますが、契約前に上限利率を見ればある程度推測は可能です。
上限利率はどこを見ればわかるのかというと、カードローン会社の公式サイトにアクセスしてみるといいでしょう。必ずどこかに「当社の融資利率は何パーセントから何パーセントです」と下限と上限の金利が記載されているはずです。
新聞の中吊り広告などだと下限の利率が大きく書かれ、上限利率はとても小さく記載されていることが多いですが、比較対象はあくまでも上限の方なので注意しましょう。