金融関係の信用情報は審査の時に見られる

カードローンの審査が短時間で済むのは信用情報会社があるから

カードローンの審査はとてもスムーズに行われます。近年、多重債務でトラブルを起こす人が増えている関係で銀行のカードローンについては、申し込み当日に融資をするということはなくなりましたが、それでも申し込んだ翌営業日には審査が完了しますし、消費者金融であれば即日融資が受けられます。つまり、たった一日で審査が完了するのです。
過去、まったく取引がない相手に数十万円の融資をするのに、なぜそれほどまで短時間で審査を済ませられるのかというと、その理由としてもっとも大きいのは信用情報会社の存在です。信用情報会社には、誰がいつ、どの業者からいくら借りて、ちゃんと返済したかのかといったことが記録されているので、それを見れば個人の信用度が容易にはかれます。

銀行も消費者金融も複数の信用情報会社のデータを見ている

信用情報会社は日本国内にいくつか存在し、以前は銀行系のカードローン会社だったらAという信用情報会社を、消費者金融だったらBという信用情報会社を使うという風に、貸金業者によって異なる信用情報会社を利用するのが一般的でした。しかし、近年は銀行でも消費者金融でも複数の信用情報会社の会員になって、信用データをチェックするのが普通です。これは、消費者金融で借金を踏み倒した人が銀行のカードローンに申し込んで、再度、借金をするといった事態を防ぐためです。
信用情報はカードローンの審査時に必ずチェックされるため、最近、債務整理をしたり、あるいは借金をずっと返済していないという経歴のある人は審査に通らない可能性が高いでしょう。